本文へスキップ

講師紹介INSTRUCTORS

猪原 健弘(東京工業大学・教授)

○○○○○○○○イメージ

INOHARA, Takehiro

  • 【研究室サイト】

    GMCRに関する研究と教育に携わっています。GMCRにおける提携分析、態度分析、および、遷移時間分析の方法の開発で貢献があります。意思決定、合意形成、紛争解決、社会モデリングが専門で、GMCRの他、ゲーム理論、社会的選択理論、社会ネットワーク理論など、主に離散数学を用いる数理的アプローチで研究を進めています。

    加藤 有紀子(株式会社リンクス・代表取締役社長)

    ○○○○○○○○イメージ

    KATO, Yukiko

    GMCRを用いた紛争解決に関し、特に、「許容できる限界」についての数理的な表現について研究しています。研究成果は応用数理学会やIEEE SMC Societyという国際学会などで発表しています。事業戦略コンサルティングの(株)リンクスおよびEV技術開発の(株)e-Gleの経営に携わっています。GMCRは意思決定者の直感に近い形でモデル化が可能ですので、実社会の問題へ色々と適用可能だと考えています。






ナビゲーション