永岑研究室 「ストレスを知り、活かす!」

東京工業大学 環境・社会理工学院社会・人間科学系

多くの人が避けたいと思う「ストレス」の正体を知ることは、自分を知ることにつながります。「ストレスは悪いもの」という捉え方から解放されて、ストレスを知ることからはじめてみると、今まで見えていなかったことや気づいていなかったことに気づかされることがあるでしょう。

私自身、卒業研究で心理的ストレス研究に取組んで以来、ストレスメカニズムの複雑さに魅了され、実験や調査研究を通して、新たな気づきを得てきました。

永岑研究室では、「ストレスを知り、活かす!」というモットーのもと、ストレスメカニズムを心理生理学的研究により明らかにしていきます。

現在の主な研究テーマ

研究分野

心理生理学、精神神経内分泌学、ストレス科学、健康科学

研究室を希望される方へ

ストレスを通して心身の関係を明らかにする実験や調査研究に、長期的な視点・柔軟な思考をもって、地道に取り組む姿勢を期待します。