社会・人間科学コース(詳細版)

インサイト


普段見られない大学院講義の様子をお知らせします

夏学期は第一Q(クオータ)と第二Qです。
一つのQ完結する特論と第一Q第二Q連続でじっくり学修する方法論があります。
そのなかから、第一Q開講科目を担当教員自ら紹介。

ちょっと見、第一Q

MON TUE WED THU FRI
1・2 政治行政法律特論SA1



3・4



政治行政法律方法論S1
認知数理情報方法論S1
5・6


文化芸術分野方法論S1
7・8 学生プロジェクト(必修)


多文化関係構築演習(必修)


猪原先生の「認知・数理・情報分野方法論S1
”認知・数理・情報分野方法論S1では、受講生は、数理的な意思決定論を学びつつ、4つのグループに分かれて、現実の意思決定状況についてのモデル化や分析を進めています。”

戦先生の「文化・芸術分野方法論S1
”文化・芸術分野方法論第1Qでは日中間の美術品の流動や人的交流がそれぞれの国の美意識や美術史の形成に及ぼした影響について、受講者の皆さんと作品の鑑賞、品評をしながら考えています。”

永岑先生の「学生プロジェクト科目
”コース必須のプロジェクト科目は4/10,17の二日間にわたる卒業研究発表会からスタートしました。研究テーマの多様性にコースの特徴がよく表れていました。”